スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グングーン

子どものコーチングは、「結果」よりも「気づきと成長」を重んじることがポイント

子どもが何かに繰り返しTRY(スポーツや勉強など)した際、「できた」か「できないか」にこだわっていませんか?

実は、「できた」か「できないか」はさほど重要ではありません。

大事なことは、どれだけ前回の自分よりも気づき成長(プロセス)することができたかです。

気づきと成長にこだわってお育て下さい。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。