脳の活動を自動的に高める「にーっ」

教育のスタートは「笑顔」から

親は、子どもの鏡です。子どもは親の笑顔をみると、それにつられて自分も笑顔になります。そして笑顔の効果で、発せられる言葉も前向きになります。

「がんばる!」「いい点とる!」「いける!」など・・・

子どもの自己肯定力を高める訓練にもなると思います。

笑顔といっても、心のなかで「に―っ」というだけでOKです。自然に口角(表情筋)が上がり笑っている表情になりますよ。しかも!!!この際、「脳の深部の活動が自動的に高まる」ようです。良いことずくめですね。

だから、いつも笑顔を忘れずに^^です。

参考:「潜在脳の活かし方」(監)篠原菊紀
関連記事
スポンサーサイト