頑張っている子どもには「がんばって♪」を伝えよう^^

頑張っている子どもに「頑張って」と伝えるのは「よくない」という意見があります。
はたしてそうでしょうか?。私はそうは思いません。
ようは伝える時の、本気度(愛情があり、心の底からおもっているかどうか)が大事だと思います。
とくに本気度は声の抑揚に反映されます。

・本気度が低い「頑張って!!!」は、「結果をだすんだ」「失敗するな」という、声の抑揚(!!!)になっています。
・本気度が高い「頑張って」は、「同じ気持ちだよ」「僕がついている」という、声の抑揚(♪)になっています。

声を大にしていいます。「頑張って」をいう際、愛情をもって心の底から伝えることです。
そして最後に、ハイタッチやガッツポーズをしながら「シャーッ」と言って送りだせばパーフェクトです。
関連記事
スポンサーサイト