子どもの感情と向かい合うこと

今日の子どもは、今日しか見られません。

明日になると、またちがう子になる。

「喜んでいる様子」、「楽しそうな様子」、「怒っている様子」・・・。

その一瞬、一瞬がみんな素敵な”あなた”なんです。

保護者は、こうした変化を優しく愛をもって受けとめて下さい。

明日の子どもをみるのがワクワク楽しみになると思います。
関連記事
スポンサーサイト