魔法の言葉(No.1)「タッタカ・タッタカ」

「上手に注意する」魔法


外出するとき、子どもがモタモタしていると、ついつい
はやくしなさい!」と怒鳴ってしまうことはありませんか?
言われた子どもは、かえって嫌な気持ちになったり、反発しよ
うとします。

行く言葉がマイナスだと返す態度もマイナスになります。

そこで、「タッタカ・タッタカ」の魔法です。

はやくしなさい!」と違って注意や否定されている感が
ありませんよね。

作家の中谷彰宏先生は、幼いころ、お母さんに
早くしなさい!」と言われたことがなく、かわりにいつも
タッタカ、タッタカ」と言われていたのだそうです。
いやな気持ちはせず、はやくしよう!と直接行動に結びつ
いたと、おっしゃっていました。

急いでいるときなどは、身体行動に直接結びつく
タッタカ・タッタカ
の魔法を唱えてみては如何でしょうか!。

中谷彰宏著:人を動かす伝え方
関連記事
スポンサーサイト